お子様の矯正治療について

お子様の矯正治療は、早めに対応することで、適切な治療を行うことが可能になります。

もしお子様に下記のような症状がある場合には、まずは無料初診相談にお越し下さい。

【Check!!】・永久歯が生えてこない、または変なところから生えてきた ・指しゃぶりの癖が治らない ・受け口である ・乳歯がぎっしり窮屈そうに並んでいる ・いつも口が開いている

一つでも
気になったら、
まずは
ご相談ください!

お子様の矯正治療の特長

歯科矯正治療は大人になってからでもできますが、骨格の発育不全自体は治せません。
そのため、できれば根本的に骨格から改善できる小児矯正治療をおすすめしています。小児矯正は、健全なあごの発育を促し、健全な永久歯の歯並びを作るための土台づくりとなるものです。
あごの成長発育はお子様によっても様々で、一つとして同じケースはありません。当院では、お子様のあごの発育状況、歯並びの状態、生え変わりなど、様々な要素を総合的にみて、最適な治療、最適なタイミングを提案いたします。

よくあるご質問

Q. 治療中の痛みはありますか?
A. 装置を装着したばかりの頃に、押されるような痛みを感じることがありますが、数日ぐらいでなくなります。また、装置の調整をした直後にも、圧迫感や痛みを感じることもありますが、これも早期になくなります。
Q. 子供の矯正は何歳ぐらいから始めたらいいですか?
A. 個人差がありますが、通常6才前後くらいに始めると効果的な場合が多いようです。歯並びの状態によっては、年齢が高くなるにつれて治療に時間がかかることがあるため、可能な範囲で早めに治療を開始するのがおすすめです。
Q. 日常生活に支障は出ますか?
A. 矯正装置のつけ始めは、食事や会話がしにくいと感じることがあるかもしれませんが、慣れてきます。日常生活もほぼそれまで通り送れるようになります。
Q. できるだけ歯を抜かずに矯正できますか?
A. あごの発達が終わっている成人矯正の治療をする場合、歯を抜かなければ歯を並べきれないケースが多いですが、成長期にある小児期に矯正治療を開始すれば、あごの骨も大きくすることができ、抜歯をせずに矯正できる可能性が高くなります。
私たちと一緒に楽しく働きませんか? スタッフ募集